Q.1 お母さん大好き。通園は大丈夫?
A.1 今までお母さんと一日中一緒にいる生活をずっとしていたお子さんの場合は、 すんなりと保育園へ行ってくれるか不安になる方も多いでしょう。 でも、実際は大丈夫な場合がほとんどです。毎朝の登園時に泣きつかれることもあるかもしれません。 子どもが泣くのは親子関係が良かった証拠だと思ってください。

ゴールデンウィークや夏休みなど、長いお休みの後には、また泣き出す子どももいますが、 すぐに元気に通えるようになります。 元気に通う子どもを見たら、もしかしたらお母さんのほうがさみしくなってしまうかもしれませんね。
Q.2 仕事が5時に終わるのでお迎え時間が遅くなってしまいそう。
A.2 朝7時~夕方7時まで保育時間を設定しています。延長保育、夕方6時~7時まで 月¥2,900 の料金が発生いたします。(生活保護所帯、非課税所帯の方は値段が変わりますので、申し出てください。)
保育短時間:朝8時~夕方4時までの保育となります。延長保育料金1回¥300
標準時間:朝7時~夕方6時までの保育となります
Q.3 食べ物アレルギーがあります。
A.3 最近は食べ物のアレルギーを持つお子さんも多くなっているようです。 お弁当ならば、お母さんが対応できますが、心配なのは給食ですね。 善児園グループでは、できるかぎりアレルギー除去食を提供しています。手作りの給食、おやつを日々心がけて栄養士がメニューを考案しています。園内の調理室は1階に設置していますので、アレルギー対応でご心配な保護者の方はいつで個別で面談を受け付けています。
Q.4 落ち着きがない子で心配です…。
A.4 落ち着きがない、じっとしていない子どもの保育園入園に不安を感じているお母さんも多いことでしょう。 きちんと座っていられなかったり、きょろきょろしたり、大きな声を出してしまうお子さんもいます。

おとなしい子と比べて、落ち着きのない子は、大人から見るとどうしても手がかかるように感じられてしまうように思います。

でも、落ち着きがない子というと、良くないことのようですが、好奇心が旺盛だったり、 積極的な子だということにもなります。新しい環境に対して、ごく自然な姿でもありますし、 慣れるにつれ、次第に落ち着いてくれるものです。

 
Q.5 制服代金はいくらぐらいですか?
A.5 制服は3歳児以上になっています。全て揃えて、¥30,000程です。0歳児は体操着はありません。私服での登園となります。1・2歳児は体操着での登園となります。(例:体操着冬用上下¥5,300)
Q.6 入園願書はどうしたらもらえますか?
A.6 2016年(平成28年)9月16日(金)10:00より、善児園・第2善児園で配布しています。港区役所でも配布しています。
Q.7 仏教保育とは何ですか?座禅などありますか?
A.7 仏教保育では、生きものや植物を大切にする心を子どもたちに伝えていく保育を目指しています。浄土真宗です、座禅などはありません。